0120-989-834

住まいを売却する

Sell housing

住まいを売却するための基礎知識

独自の情報網と顧客層によりスムーズで安心な契約を実現します!

売ろうとする前に

住まいを売却する時には、引越費用や税金、仲介手数料などのさまざまな費用がかかります。売買代金からこれらの諸費用を差し引いた残額が実際の手取り額になります。また、住宅ローンの返済をされている場合には完済できるかも大きなポイントとなります。売却価格を決定するために現時点での借入金残高がいくらあるかも金融機関に確認しておきましょう。また、購入時のパンフレットや間取図面、売買契約書、重要事項説明書などをご準備いただくようお願いいたします。

いくらで売れるの?

「少しでも高く売却したい!」ということは誰も思うものですが、不動産には中古市場での取引相場や購入者の意思もあるため、売主様が決めた価格がそのまま通用するとは限りません。客観的に評価される「住まいの価格」を調べるために アムネッツ株式会社 へ「価格査定」をご依頼ください。取引相場や動向を考慮した上で、売主様が売出価格を決定するための目安となる妥当な価格であり市場に出した場合におおむね3ヶ月以内に成約できるであろうとする価格(査定価格)を算出させていただきます。

どのように販売するの?

宅建業者(不動産業者)に売却などを依頼されるとき、依頼者である売主様と宅建業者との間で媒介契約を取り交わします。この媒介契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つの種類があり、そのそれぞれに特徴がありますのでご自身の希望にあったタイプの媒介契約を取り交わすようにしましょう。媒介契約を取り交わすといよいよ販売がスタートします。はやくいい条件でスムーズに売却するためにインターネットや新聞折込チラシ、住宅情報誌などを利用して幅広い広告宣伝活動を行っていきます。

諸費用税金・必要書類について

売却をする場合に必要な諸費用や税金、必要書類の一般的な例は次のようになります。

費用や税金 ・印紙税 ・登記費用 ・仲介手数料
その他、かかる場合があるもの ・住宅ローン返済の手数料
・測量費、境界標設置費用(境界線がわからない時に必要)
・建物解体費用(土地の売却で更地にして引き渡す場合に必要)
・リフォーム費用(リフォームして売却する場合に必要)
必要書類 ・権利証(登記済証)
・印鑑証明書(実印)
・本人確認書類(運転免許証)
・固定資産税、都市計画税の納税通知書
・建物の図面、土地の測量図
・建築確認証、検査済証
・管理規約、使用細則(マンションの場合)
アムネッツ不動産売買サイトへ